Semalt:Google Analyticsで内部トラフィックを除外する効果的な方法

企業、代理店、個人が毎月の数を数えるときに見落としている最も簡単な間違いの1つは、クライアントのWebサイトにトラフィックを含めることです。ささいなことのように思えるかもしれませんが、訪問者から受け取るトラフィックを増大させるため、コンバージョン率には大きな役割があります。

Semalt Digital ServicesのカスタマーサクセスマネージャーであるAndrew Dyhanによって指定された、この問題を緩和するために使用できる方法がいくつかあります。単純なインストールから、実装に開発者のリソースを必要とするインストールまでさまざまです。覚えておくべきことの1つは、すべての生データをバックアップとして保存できる個別の分析アカウントを常に持っていることです。

#1 Google Analyticsオプトアウトブラウザプラグイン

実装が最も簡単です。ブロックしたいすべてのユーザーは、Google Analyticsオプトアウトブラウザーアドオンをダウンロードしてインストールする必要があります。インストールすると、訪問者データをアナリティクスに送信できなくなります。 GA JavaScriptが訪問情報を送信することを禁止することで機能します。ただし、ブロックする情報をユーザーが選択することはできません。したがって、訪問データを送信する必要がある情報がある場合は、拡張機能を無効にします。

すべてのユーザープロファイル、ブラウザー、およびブラウザーにアクセスできるすべてのデバイスにアドオンをインストールします。また、すべてのプロファイルでアドオンがオンになっていることを忘れないでください。したがって、現在使用中のプロファイルがテストを実行するものである場合は、別のプロファイルに変更するか、アドオンを無効にして、トラッキングが正しく機能しているかどうかを確認してください。

#2 IPに基づくカスタムフィルター

単一のIPアドレス

GAの[管理]タブに移動し、フィルターを選択します。これらから、フィルタータブから新しいフィルターを追加することを選択します。ここから、単一のIPアドレスを使用してカスタムフィルターを挿入します。パラメータを設定したら、[保存]をクリックして終了します。

IPアドレスの範囲:

単一のIPアドレスについても同じ手順に従います。ただし、新しいフィルターを選択した後、フィルタータイプでカスタムフィルターを選択し、除外フィルターフィールドでIPを除外します。最後に、IPの範囲をフィルターパターンに挿入します。

#3 ISPに基づくカスタムフィルター

ISPからのトラフィックを除外するには、事前定義またはカスタムのフィルターを使用できます。同様に、GAからのISPを無視できます。 ISPドメインまたはISP組織を使用しています。違いは、1つはISPの問題に従って登録された名前を参照し、もう1つはISPの地理的ドメインを意味することです。事前定義されたフィルターでは、ISPドメインでのみ機能します。

ISPドメイン:

IPアドレスの範囲に対して同じ手順を使用し、フィルタータイプで事前定義されたフィルターを使用してから、ISPドメインを除外します。

ISP組織:

フィルタータイプはカスタムフィルターである必要があり、フィルターフィールドでISP組織を除外します。次に、そのドメインを「ISPドメインから」に挿入します。

#4 JavaScript Cookieを設定する

使用する2つのメソッドは、_setVar()と_setCustomVar()です。 2つの違いは、_setVar()はユーザー定義フィルターフィールドを使用し、後者は使用できないことです。 _setVar()を使用すると、ユーザーは個人のトラフィックを除外するために使用できるプロファイルフィルターを設定できます。代替の_setCustomVar()は、トラフィックを除外することを可能にするアドバンスセグメントを使用します。これは、フィルタリングするデータがGAを通過した後に来ることを意味します。

_setVar() :フィルタータイプにカスタムフィルターを設定します。ユーザー定義のフィルターフィールドであり、フィルターパターンとして従業員を使用する必要があります。

_setCustomVar() :カスタム変数(キー1)を除外し、従業員と完全に一致するものを選択します。次に、カスタム変数(値01)を含め、完全に一致するはい。